【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック5選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

要確認!東京で出生前診断の法律基準を満たす病院はここ!


出生前診断で胎児の遺伝性疾患の早期発見したい要望を持つ方が増加しています。
一方で、法律やガイドラインなどの基準を遵守することなく、検査結果だけを伝えると言った問題のある病院があることも問題視されているようです。

 

年齢制限なしで受けられる、東京エバーグリーンクリニック

東京中央区京橋に開院している東京エバークリニックでは、法律の基準を遵守した年齢制限のない出生前診断を実践しています。従前の出生前診断では羊水検査など母体に危険を伴う方法が主流でしたが、こちらの病院では血液検査のみで検査を終了することができるのです。検査精度の高さには定評があり、結果は12日前後で明らかになるので、迅速な対応が必要な場面でも待たされることがありません。

また妊婦様一人ひとりに向き合い、事前の検査説明から医師による問診・採血まですべて個室で行われます。それぞれの方の思いに応え他の妊婦様と極力顔を合わせることなく、静謐な雰囲気の中ですべての診療や手続きを終えることが出来るわけです。検査後のアフターフォローも充実しており、検査結果が陽性の場合でも、指定する医療機関への紹介状を作成のうえ、羊水検査などの分かりやすい説明や案内に対応しています。

 

世界最先端の技術を積極導入、八重洲セムクリニック

東京都中央区京橋に開院している八重洲セムクリニックは、欧米で実績のある最先端の治療や検査技術の導入に積極的な病院で、医院長は従来より地域医療の中核病院として意欲的にがん治療に取り組んできました。がん治療においては遺伝子研究の分野での治療技術の目覚しい発展が見られており、その知見をもとに出生前診にも積極的に対応しています。

「何か無いのですか」との患者様からの問いかけに真摯に向き合っているからこそ、不安を抱える妊婦様の出生前診断を実践されています。八重洲セムクリニックがこの検査法を導入したのは2016年からですが、検査実績は5000件の実績があるのです。また検査に当たる医師は40年にのぼる出生前診断の経験を持っているので、専門的知見が豊富で検査精度の高さも期待出来ます。

産婦人科医師として妊娠から出産まで数千件の経験を有しているので、妊婦様の気持ちに寄り添った診療を提供しています。仮に検査結果が陽性だった場合でも、そのまま羊水検査を受けることができる医療設備も整っているのです。さらに検査結果の正確性を担保するため、検体輸送を国際医療専門輸送の専門企業に委嘱しています。

 

地域にこそ先進医療を掲げる、ミネルバクリニック

東京都港区北青山に開院しているミネルバクリニックでは、「遺伝診療をちまたで」「地域にこそ専門医」をコンセプトに、内科やがん医療など遺伝医療を中核にすえて専門的な医療に取り組んできました。遺伝診療などはまだまだ一部の大学病院など限られた施設で実施されている現状に危機感を覚え、先進医療へのハードルを下げてどなたにでも受診の機会を得て欲しいとの思いで開院されています。

赤ちゃんの遺伝疾患に不安を抱える妊婦様にも遺伝診療の恩恵を享受いただけるように、出生前診断も展開しているのです。将来的には遺伝子研究の知見をもとにさらに数多くの遺伝性疾患の検出も可能になるとの想定のもとで、出生前診断にも積極的に取り組んでいます。巷間、出生前診断を受けるにおいて出産が前提でないと検査を受けることは出来ないなどの制限を設けている医療機関も見受けられますが、ミネルバクリニックではそのような制限はありません。

必要に応じて紹介状の作成等にも応じてくれます。また自由診の特性上高額な費用負担になりがちですが、こちらの病院では17万円の自己負担で検査を完遂することができます。検査では性別判定なども開示されており透明度の高さが特徴です。