海外と東京で異なる出生前診断の現状 | 出生前診断におすすめの東京のクリニック9選【2020年8月最新版】

【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック9選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

海外と東京で異なる出生前診断の現状

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/06

近年では出生前診断についての理解を示す人が増えていますが、海外と東京を比較しても、依然と日本の出生前診断は遅れていることが明らかです。この検査については賛否両論がありますが、赤ちゃんのことを大切に思うからこそ実施するという人は少なくありません。現在、他の国と東京をはじめとする日本ではどのような違いがあるのでしょうか。

出生前診断は海外のほうが盛んに行われている

知っている人も多いはずですが、出生前診断は海外のほうが盛んに行われているという現状があります。日本ではダウン症候群の有無を調べるために行われることが一般的であり、検査の種類も3種類ほどしか設けられていないことがほとんどです。

一方で日本以外の先進国であれば、ダウン症候群以外の病気を持っていないか調べるために検査が行われることが多いですし、検査の種類はもっと多いと言えます。もちろん国によって差はありますが、先進国の中では日本がかなり遅れている状況だと言って間違いありません。

日本の場合は出生前診断を行うということに対して以前から倫理的に問題があると言われていましたが、その名残のように現在でも海外よりは活発にこの診断が行われていないというのが現状です。出生前診断は中絶を進めるためのものではなく、赤ちゃんと妊婦さんが大変な思いをすることがないようにするためのものなので、日本でも意識の変革が必要だと言えるでしょう

日本では検査をタブー視している人がまだたくさんいる

海外と同様に、日本でも出生前診断を積極的に行うべきだという人が増えています。これまでは実施したくても周りの批判によってできなかったという人も多いので、この傾向は良いことだと言えるでしょう。しかしながら、現在でも検査をタブー視している人がたくさんいます。

そのため、自分の近くに出生前診断に反対している人がいると、思うように検査を受けられないという人がまだ大勢いるというわけです。特に両親や親しい友人に反対派の人がいると、気軽に検査を受けることは難しいでしょう。ダウン症候群の赤ちゃんを産んでしまうと、両親が大変な思いをするだけではなく生まれてきた子供も大変な思いをすることになります。

赤ちゃんを大切に思う気持ちがあってこそ診断を希望する人は多いのですが、タブー視している人の圧力によって受けられないという人は少なくないです。海外と比較して、日本では出生前診断をタブー視している人が非常に多いという事実を知っておかなければなりません。

海外と東京では出生前診断の現状が大きく異なっている

海外と東京では出生前診断の現状が大きく違っていて、実施される件数や検査の項目数、行うことができる病院の数などにかなりの差があります。これらの違いは全て、出生前診断に対する理解があるかどうかによるものだと言えますが、日本では少しずつ理解を示す人が増えつつあるでしょう。

もちろん、いまだに倫理的な問題から反対している人は少なくないのですが、確実にこれまでよりは肯定派の人が増えています。出生前診断は中絶するためのものだと認識している人もいるようですが、これはあくまでも赤ちゃんや妊婦さんが大変な思いをしないようにするためのものです。

中絶は可哀想だと言う人もいますが、病気を持っていることでもっとつらい思いをする可能性もあります。この点は答えがない難しい問題なので、一概に正解だとも間違っているとも言うことができません。けれども、反対によって妊婦さんの判断を邪魔してしまうことは問題です。海外と東京では出生前診断の状況が大きく違っていることを知り、日本でも自由に選択できる環境を作っていかなければならないでしょう。

 

東京と海外を比較してみると、出生前診断の現状が大きく違うことが分かります。検査項目や病院の数だけではなく、この検査に対する人々の理解についても現状が全く違っていることを知っておくことが大切だと言えます。

管理人紹介

パソコンを打つ女性のシルエット
はじめまして。昨年結婚した、現在妊活中の30代主婦です。妊娠したら出生前診断を受けたいと思い、色々と調べています。

当サイトでは、東京にある出生前診断クリニックや、出生前診断に関する情報を紹介中です。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

サイト内検索
記事一覧