出生前診断に危険性がある? | 出生前診断におすすめの東京のクリニック10選【染色体検査等に対応】

【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック10選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

出生前診断に危険性がある?

赤ちゃんが産まれてくるまでに心の準備をしておくことが大切ですが、母体にいる状態の赤ちゃんを検査することができる方法として出生前診断があります。

出生前診断にはさまざまな種類がありますが、それぞれのリスクやメリットを総合的に判断して活用することが重要になります。

赤ちゃんが産まれてくるまでの準備として診断をうける

赤ちゃんを妊娠した場合に元気で健康に生まれてくるようにと親は思いますが、大小含めて3パーセントから5パーセントの確率で何らかの疾患があるとされています。

人間の細胞の中にはそれぞれ遺伝情報をもった染色体が存在しますが、この染色体に過不足や変異などの異常があることで疾患をもった子供が生まれます。

染色体異常は先天性疾患の原因の4分の1程度を占めており、18トリソミーや13トリソミーなどがあり、21トリソミーと呼ばれるダウン症候群もその一つです。

出生前診断は妊娠中の胎児が疾患をもっているかどうかを生まれてくる前の段階で検査を行う方法であり、生まれてくる赤ちゃんの状態をあらかじめ知ることができます。

あらかじめ生まれてくる赤ちゃんに疾患があるかどうかを知っておくことによって生まれてすぐの手術の準備をしておくことが可能になります。

また福祉機関であったり医療制度などにどのようなものがあるかを知っておくことによって、行政機関のサービスを有効に活用することができます。

どのようなリスクがあるかを知った上で検査をうける

出生前診断には超音波検査などの画像を用いた方法の他に遺伝学的検査があり、遺伝学的検査の中には母体採血などの侵襲的検査や羊水検査などの非侵襲的検査があります。

非確定的検査と呼ばれる検査では母体への負担はほとんどなく危険性が低いメリットがありますが、疾患があるかどうかを確定することができない検査です。

侵襲なし検査のうちの母体マーカー検査であるクアトロ検査では、母体の血液中のタンパク質濃度を測定することで統計学的にその可能性を評価することになります。

侵襲なし検査である遺伝学的検査のうちの母体血胎児染色体検査は非確定的検査に分類することができますが、最も高精度な検査であり異常を確認することができます。

非確定的検査で異常がある可能性が高いと診断された時には診断を確定させる為に確定的診断を行い、侵襲ありの遺伝学的検査を受けます。

この検査では絨毛染色体検査を行ったり羊水染色体検査をすることになりますが、この検査の場合には母体や胎児へ負担がかかり破水や流産の危険性があります。

なにを目的に検査をするのかを明確にする

赤ちゃんが元気で健康に無事に生まれてくることを願うのは当然ですが、出生前診断によって胎児に異常が発見されることも当然あります。

出生前診断を受ける目的がどのようなものであるかをしっかりと夫婦で話し合い考えておくことが大切であり、なにを目的に検査を受けるのかを明確にすることも大切です。

妊娠初期から中期の場合にはエコー検査などを受けられ、それ以降では実際に羊水を採取して検査をするなどそれぞれのタイミングによって受けられる検査が異なります。

万が一人工妊娠中絶をする可能性を考えた検査であれば妊娠してから21週までに決断することが必要であり、更にはもっと前の段階で決断をする必要があります。

カウンセリングを受ける際に医師に分からないことをしっかりと確認しておくことが必要であり、メリット共に危険性がどれくらいあるかを確認しておくことが大切です。

まとめ

出生前診断を受けることによって生まれてくる赤ちゃんの異常をあらかじめ確認することができ、さまざまな対応をすることが可能になります。

どのような目的で検査を受けるのかを明確にしておくことによって、万が一異常が見つかった時にもどのような対応をするのかを決めることできます。

検査を受けるメリットと共にどのような危険性が発生するのかをしっかりとカウンセリングの際に確認し、母体と胎児にかかるリスクを共に考えることが必要です。




サイト内検索
記事一覧