【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック5選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

東京で出生前診断を行いたいと思ったら?胎児へのリスクを調べよう


出生前診断とは、胎児の染色体異常や先天的な病気がないかを調べる検査です。
もし生まれる前に異常が分かれば今後の生活や治療の方針も立てやすくなるので、診断を受ける妊婦の方が以前よりも増えています。

 

東京の病院で出生前診断を受ける前に知っておきたいこと

東京にお住まいの妊婦さんの中にも診断を受ける病院を探しているという方や、検査について不安を感じているという方もいらっしゃるでしょう。検査を行う前に出生前診断についての正しい知識を持つことで、漠然とした不安を取り除き出産に前向きな気持ちで臨めるのではないでしょうか。

出生前診断の前に行って欲しいのが遺伝カウンセリングです。ここでは出生前検査に関する説明と、ご夫婦の思いや不安などを含めた相談を行います。専門の医師や遺伝カウンセラーが胎児が疾患を持っている可能性・検査を行う意義・検査法の診断能力の限界・母体、胎児に対する危険性・合併症・検査結果判明後の対応などについてを説明します。

このカウンセリングはご夫婦揃っての参加が求められるので、もし異常が見つかった場合のことも含めてパートナーとの意思の疎通を図り、お互いの考えを整理する助けとなります。検査を受けるか受けないか、もしもの場合のことなど、受け入れる気持ちを持つことが大切です。

 

出生前診断の種類と詳しい検査内容

出生前診断の検査は、非確定的検査と確定的検査の2つに分類されます。前者はあまり精度は高くありませんが、検査リスクが少なく母子ともに負担がかからないというメリットがあります。採血で主に染色体の異常によって引き起こされる神経管奇形、ダウン症候群・18トリソミーなどの確率を調べる母体血清マーカー検査や、エコーや血清マーカーなどを複合的に使用してお腹の赤ちゃんの発育を診断し、ダウン症候群・神経管奇形・18トリソミー・ターナー症候群のほか、心臓疾患などの可能性が分かる胎児超音波検査、そして母体血胎児染色体検査(NIPT)が非確定的検査です。

NIPTは血液検査で比較的精度が高く、13・18・21トリソミー(ダウン症)の検査が可能ですが、検査を受けるためには35歳以上であることや、他の非確定的検査で染色体異常の可能性が判定されたなどの条件があります。より精度の高い確定的検査の羊水検査は、臍下あたりから針を刺して羊水を採取し、染色体を調べます。13・18・21トリソミー、ターナー症候群、クラインフェルター症候群などを調べられます。ダウン症は、99.9%の精度で診断可能です。

絨毛検査は胎盤のもととなる絨毛組織を採取し、細胞を調べます。お腹に針を刺す方法と、腟から管を入れる方法があります。これにより主に遺伝子や染色体の異常で引き起こされる神経管奇形・21トリソミー・18トリソミーなどの疾患を調べることが出来ます。

お探しになっている東京の病院でも、施設によって受けられる検査と受けられない検査がありますので事前に確認しておきましょう。

 

出生前診断に伴うリスクについて

出生前診断のうち確定的検査は、精度が高く正確な結果を知ることができる反面、それに伴うリスクもあります。羊水検査や絨毛検査は、直接母体の腹壁から針を刺して羊水を採取したり直接胎盤の細胞を採取したりするので、低い確率とは言え破水や出血、流産の可能性は避けられません。

また、身体的負担は少ない非確定的検査ですが、中には染色体異常の可能性までしか診断できないものもあります。超音波検査は形の異常のみの判別で臓器の機能的な部分までの判断は難しく、具体的な染色体異常の種類までは判定できません。母体血清マーカー検査はダウン症・18トリソミー・開放性神経管疾患症の確率までしか分からないので、異常が確定したわけではなく不安が残ります。同じように母体血胎児染色体検査(NIPT)も21トリソミ・18トリソミー・13トリソミーのみの判別なので、他の染色体異常や先天性疾患は確定することができません。

このようにいずれの検査にもメリットやデメリットがあります。全ての先天性異常を見つけることはできないということも念頭において、パートナーとしっかり話し合う必要があります。これから東京で検査を受けようと考えている方は、自分が納得できる検査方法、後悔のない病院を選択してください。