出生前診断が受けられない?東京のシングルマザーの苦難 | 出生前診断におすすめの東京のクリニック9選【2020年8月最新版】

【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック9選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

出生前診断が受けられない?東京のシングルマザーの苦難

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/03

出生前診断を受けると、お腹の中にいる赤ちゃんがダウン症候群を患っていないかどうかなどを確認することができます。近頃はこの検査を利用する人が増えていますが、シングルマザーの場合は受けることができない場合も多いです。東京に住むシングルマザーの女性の中には出生前診断ができずに悩んでいる人も多いということを知っておきましょう。

夫婦同伴でなければ検査できないことが多い

多くの病院で出生前診断を行っているので、東京でも検査を受けることができます。しかしながら、この検査を受けるためには夫婦同伴でなければならないという制限を設けている病院が非常に多いです。

妊娠した後に離婚したり旦那さんが亡くなっていたりする場合は、出生前診断を行ってもらえないというケースがあるので、シングルマザーの女性はなかなか診断してもらうことができません。旦那さんはいるけれども海外赴任で離れて暮らしているという場合も、検査を受け付けてくれない病院が多いようです。

一緒に病院に足を運ぶことができなければ受け入れてくれないケースが非常に多いので、シングルマザーの人は必然的に出生前診断を行うことができなくなります。どのような事情があっても女性ひとりだけでは受け入れることができないという病院が少なくないので、シングルマザーだとお腹の中の赤ちゃんがダウン症ではないかどうかなどを調べることができないという問題を抱えることになるようです。

検査費用を捻出することが難しい

東京の病院の中には夫婦で一緒に足を運ぶことができなくても検査を行ってくれる病院もあるのですが、この検査の費用は決して安いものではありません。最も簡単な検査方法を選択しても15万円以上かかることが多く、相場は18万円ほどだと思っておくと良いでしょう。

もしも診断項目を増やすのであれば20万円や25万円ほどの費用が必要になるケースもあります。シングルマザーの場合は妊娠している間や出産してしばらくは働くことが難しいので、少しでも貯金を残しておかなければならないと考えるはずです。そのような状況で高額な費用を用意することはとても大変なので、受け入れてもらうことができても出生前診断を行うことが難しいという現状があります。

やっとで出生前診断を実施してくれる病院を見つけたものの、料金が高額で諦めざるを得なかったというシングルマザーの女性は少なくありません。このような部分でも大変な思いをすることがあると知っておかなければならないでしょう。

シングルマザーが出生前診断を行うためにできること

シングルマザーで出生前診断を受けたいと考えるのであれば、受け入れてくれる病院を探すことと検査費用を捻出することが必要となります。たとえ診断できる病院があってもお金がなければ実施できませんし、反対にお金があっても夫婦同伴でなければ出生前診断ができない病院では検査ができません。

やむを得ない事情からシングルマザーになってしまったという人もいるはずですが、旦那さんがいないとこのような点で大変な思いをすることがある事実を知っておく必要があります。実際にシングルマザーの中には出生前診断を行うことができずに苦労した人も多くいるので、絶対に受けたいと考えるのであればできることを事前に知って実施しておくことが大切です。

近頃は女性だけでも診断してくれる場所が少しずつ増えているので、まずはそういった場所を探してみてください。そして、出生前診断を行ってもらうことができるのであれば、それに向けて蓄えを作ることが大切だと言えます。

 

東京に住むシングルマザーの中には、出生前診断を行うことができずに苦労した人も多いです。もし行いたいと考えるのであれば、シングルマザーでも検査できる病院を探したり、検査のためのお金を貯めることが大切だと言えます。

管理人紹介

パソコンを打つ女性のシルエット
はじめまして。昨年結婚した、現在妊活中の30代主婦です。妊娠したら出生前診断を受けたいと思い、色々と調べています。

当サイトでは、東京にある出生前診断クリニックや、出生前診断に関する情報を紹介中です。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

サイト内検索
記事一覧