【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック5選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

出生前診断とは?

健康診断などは主に既にこの世に生まれている人に対して行います。

お腹の中にいる赤ちゃんに対しては順調に育っているかなどの検査は行うものの、病気の有無などを積極的に調べるわけではありません。

しかし、産出する前の赤ちゃんの様子を調べられる出生前診断というものがありますので、それがどのようなものであるのかを具体的に説明していきます。

出産前に赤ちゃんの病気などを調べる

基本的には妊娠が分かると生まれるまでは子供の病状などがわかりません。

しかし事前に子供の病状などが分かる出生前診断というものがあり、出産前に赤ちゃんの病気などを調べることを指します。

とそうはいっても実際にお腹を開いて赤ちゃんに聴診器を当てたりすることはできないので、お母さんのおなかの中にいる状態でできることをしていきます。

また、出生前診断をするかどうかに関しては必ずしも義務付けられているわけではなく、生まれる前に自分の子供のことが気になる人が利用しているものとなります。

受けないからといって子供のことを考えていないわけではなく、純粋に受けていない人の数が多いのが現状であるという状態なので、もし診断をしたいと考えたら周りの人と相談をして決めると良いでしょう。

出産前の赤ちゃんの病気の治療対策

病気の治療の基本としては早期発見早期治療が良いとされています。

病気の中には自然治癒するものもありますが、放っておくことでどんどん悪化するものもあります。

将来的に悪化するものでも初期症状があり、あまり症状がひどくないときに治療を始めると悪化を防げて完治できるときもあるので、病気を早めに見つける検査などを適度に受けることを推奨します。

病気の検査といえば既に世の中に生まれてきている人のみに行われると考えている人もいるでしょうが、まだ生まれていない子供に対しても行われます。

出生前診断とは生まれる子供に対して病気の早期発見を目的として行われるものであり、その状態によっては出産前から投薬などによる治療を試みます。

子供がお母さんのおなかにいる間は比較的安全な状態ともいえますが、検査をするとこのまま生まれてきたときに障害が出たりして生活がしにくくなることが分かるときがあります。

その病気に対して早めに治療を行うことで、生まれてきたときやそれ以降の障害の度合いが減らせるときがあります。

時期によっては中絶の判断に利用

夫婦などであれば新しい家族を作ろうとするでしょうし、無事妊娠ができれば非常にうれしいこととお祝いされます。

その後は出産、子育てなどが待っているのでしょうが、ある程度子育てをすれば子供は自分で生活をしていきます。

しかし障害がある状態で生まれてくると大人になっても自立ができず、もしかしたら非常につらい人生を送らないといけないこともあるかもしれません。

子供を妊娠した人には、出産までにいろいろな選択があります。

そのままお腹の中で子供を育てて出産に備える人が多いかと思われますが、中には経済的・社会的な理由によって中絶をするケースもあります。

中絶をするに当たっては一定の妊娠期間までとなっていて、それ以降の中絶はできないことを知っておく必要があります。

出生前診断では子供が体内にいるときに受ける診断で、病気の有無などを知ることができるので、障害を持って生まれる可能性などが分かり中絶ができる期間に分かればどうするかの判断をすることができます。

障害を持っているのが分かっても生みたいときもあれば、生まれた子供の将来ことを考えて中絶をするときもあるでしょう。

考え方は人それぞれですが、その時に最も最良と感じた決断をとるためにもこの診断は有効活用できると思われます。

 

生まれてくる子が元気であってほしいと願う人がほとんどでしょうが、障害や病気を持って生まれてくる子もいます。

出産前診断では妊娠中に赤ちゃんの病気を調べられ、事前の治療をするなどの対処が行えるようになります。