【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック5選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

東京で出生前診断を行いたいと思ったら?適切な時期や胎児への負担を知ろう


生まれる前に赤ちゃんの健康状況を知りたいと思う方は多いと思います。
出生前診断を行うことによりその状況を知ることが出来ます。
この出生前診断は適切な時期や胎児への負担はあるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

 

いろいろな検査があり適切な時期があります

出生前診断は妊娠中胎児の染色体に異常の有無を検査することです。例えば血液検査や羊水穿刺・超音波検査などにより、胎児の病気だったり奇形を診断します。目的としては産まれる前の時期に胎児の状態を検査したり観察することができ、治療や生まれた後の赤ちゃんの治療準備をすることが可能です。

新型出生前診断は血液検査で行い、妊婦の血液中にある遺伝子情報を分析したり、染色体の異常や遺伝性の病気などを調べることができます。妊娠すると血液には母体はもちろん胎児由来のDNAが混ざるようになり、DNAの断片割合を調べることが可能です。羊水検査や母体血清マーカーテストなどの出生前診断と比較すると、リスクが低く高い精度を発揮することができます。

日本国内で利用できる病院は限られていますが、東京にはいくつか利用することができる病院があるので便利です。染色体の濃度を調査することで、ダウン症などの可能性があることを高い確率で把握することができます。対象は35歳以上で妊娠10週から検査することが可能です。結果は約2週間で、検査で陽性となると羊水検査で染色体異常があるかどうか確認することを選択できます。

 

出生前診断を受ける人が増えています

羊水検査は妊婦のお腹に少し針を刺し羊水を調べる検査で、染色体異常や遺伝子上の病気があるか診断することが可能です。精度が高いので確定診断として使われており、東京にはこの検査を受けることができるクリニックがあります。羊水を採取するのに流産したり、感染症になるリスクがありますが当然安全性には配慮されています。

羊水検査を受ける時期は妊娠15週以降になり、いろいろな世代の人が利用することが可能です。超音波検査は胎児の体の異常を調べるために行い、新型出生前診断を受けるのにいくつか条件がありますが超音波検査は自由に誰でも受診することが可能です。超音波検査は首の後ろにあるNTと呼ばれているむくみを見つけることができ、この厚みが増すと病気の疑いが高まります。

母体血清マーカー検査の場合、妊婦の血液中から胎児ホルモンの濃度を調べたり染色体異常を検査することが可能です。新型出生前診断より精度は低いですが、検査で陽性になった場合羊水検査を行うケースが多くあります。特に高齢出産なので調べておきたい人が多く、高齢出産の増加に伴って出生前診断が増加しているのが現状です。遺伝カウンセリングを受けずに検査だけする機関もあり、知識を理解しないで検査を受けた結果だけで出産するかを決めるという心理的な負担を感じるケースがあります。

東京には丁寧なカウンセリングを受けることができる病院が多くあるので便利です。

 

検査にはそれぞれ時期があります

新型出生前診断にはいくつかメリットがあり、例えば血液検査になるので母体の負担やリスクが少ないことがあげられます。検査の精度が高く、診断の結果が陰性の場合は99%の確率で異常がないと考えることが可能です。デメリットとして検査が保険適用外になるのでコストがかかります。羊水検査を行う場合結果が出るまで時間がかかるので、出産するかどうか決める時間が限られてしまいます。もし検査結果が陽性の場合心理的な負担が大きいとも言えるでしょう。

尚、新型出生前診断で分かる染色体異常は一部なので、検査では分からない病気を持っているケースもあります。陰性の場合は安心して出産することができるので、高齢出産の人によく利用されています。出生前診断のための検査は受けられる時期がそれぞれ異なり、例えば妊娠初期の場合非確定的検査において初期胎児ドックは妊娠11~13週で、初期母体血清マーカーテストは妊娠11~13週です。確定的検査において絨毛検査は妊娠11週以降になります。妊娠中期の場合非確定的検査において中期胎児ドックは妊娠18~20週で、中期母体血清マーカーテストは妊娠15~20週です。確定的検査において羊毛検査は妊娠15~16週以降になります。

東京にはこれらの検査を受けることができるクリニックがあり、丁寧なカウンセリングを行ってくれるので利用しやすいです。