【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック5選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

東京で受ける!出生前診断はクリニックでも受けられる?

出生前診断とは胎児の染色体の異常や病気などを妊娠中に調べることができる検査のことです。
産まれる前の胎児の様子を確認することで、出生前に投薬や治療を実施したり出産後の治療に役立てることができます。
検査するにあたってしっかりとした知識や準備をしていくことが重要です。
東京で受ける場合クリニックや病院によって受けることができる内容が変わってくるので、事前に調べておきましょう。

 

出生前診断とはどういったものなのか?

出生前診断は妊娠中に胎児の状態を観察して奇形や染色体の異常、病気などがないか調べるための検査です。
検査する方法はいくつかありますが、母体や胎児にとって安全な方法はMRI超音波検査などがあります。
母体血清マーカー検査はお母さんの血液を調べることで赤ちゃんの病気の可能性を調査するもので、超音波検査は臓器に異常が発生していないかどうかや、赤ちゃんが問題なく育っているかどうかを確認することができる方法です。

一方で母体や胎児にとって危険を伴う方法もあります。絨毛検査は胎盤にある絨毛組織を用いて検査します。
妊娠早期における胎盤の一部である絨毛を観察することで遺伝子の疾患や染色体の異常を発見することができるという点がメリットです。
その他には妊娠16週頃に針をお腹に刺して羊水を吸い取り遺伝子の異常や染色体の有無を確認するやり方や、直接胎児のへその緒から血液を採取して調査する高度なやり方などもあります。
低確率ではありますが、危険な状態になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

出生前診断をするにあたって大切なこと

出生前診断をする際に大切なことは正しい情報を知ることです。
現代は結婚や出産の時期が遅くなっている傾向があり、胎児が先天性の異常になってしまう確率が上がってきています。
妊娠中に不安や悩みを抱えてしまう夫婦もたくさんいるのが現状です。

そんな時に、出生前診断をすることで胎児の状態を予め知ることができて気持ちが楽になる場合もあります。
先天性の異常となる原因は様々なので、一つの検査だけでは見落としてしまう病気もあるので、そのため複数の検査を実施してより安心できるようにすることが大切です。

出生前診断をすることは赤ちゃんの排除を意味することではありません。
しかし赤ちゃんの命に係わる重大な病気を発見してしまったときは、中絶するかそのまま生むかといった選択をしなければいけなくなることもあります。
妊娠を継続する場合は胎児の状態を常に気にかけて経過を観察する必要があります。
そのような事態になる恐れがあることも頭の中に入れておきながら、自分が信頼できる専門家の人に相談しながら慎重に受診するかどうかを考えることが大切です。

東京で出生前診断をする場合、クリニックで受けられるのか?

東京で出生前診断を受けたい場合は予め受けることができるかどうか確認しておく必要があります。
クリニックや病院によっても受診することができる種類や内容が異なるので注意が必要です。
病院ではできてもクリニックではできないものもあるので、まずはクリニックの公式ホームページなどを活用して担当の医師について詳しく調べておくと良いです。
検査の資格をもっているかどうかや、胎児の病気について詳しく研究しているかどうかなどを確認することで安心して任せられるかどうかを事前に判断することができるでしょう。

東京のクリニックでも出生前診断を実施しているところはいくつかあります。
母体や胎児にとって負担が少なく感染症や流産を引き起こしてしまう危険がない方法を採用しているところや、診断する際の年齢制限をかけていないところもあります。
また、母体を採血するだけで調べることができるところもあり、気軽に赤ちゃんの状態を知りたい人にとっておすすめです。

クリニックによって特徴に違いがみられますので、自分に合った適切な場所を選ぶと良いでしょう。