NIPTコンソーシアムの口コミや評判 | 出生前診断におすすめの東京のクリニック10選【染色体検査等に対応】

【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック10選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

NIPTコンソーシアムの画像NIPTコンソーシアムの画像
おすすめポイント日本医学会認定のNIPT施設

比較ランキング第4位はNIPTコンソーシアムです。

NIPTコンソーシアムは、適切な周産期や遺伝についての正しい知識や、検査の限界もあわせて伝える細かなカウンセリングをもとに、産婦人科医、小児科医、遺伝カウンセラー等の遺伝学的出生前診断に精通した国内トップの専門家が自主的に集まった組織になっています。

新型出生前診断が行われる施設の数も増えてきており身近に新型出生前診断を感じられるようになりましたが、NIPTコンソーシアムは日本医学会が認定している医療機関での受検をすすめています

また、NIPTコンソーシアムは、新型出生前診断の検査を実施するだけではなく妊婦さんやその家族だけでなく、一般社会や医師、遺伝カウンセラーに対しても遺伝に対する正しい知識を発信しています。

NIPT認定施設の場所は東京のみならず、北海道から九州まで日本全国にあるので自宅や実家からなど、通いやすいNIPT実施施設を選ぶことが可能です。

検査の種類と方法

産婦人科で周期にあわせて行う定期健診では超音波検査を行います。奇形や形態の異常は、検診時の超音波検査で見つけられることもありますが、超音波検査だけで全ては分かりません。

超音波検査で形態の異常が見つかった際に染色体疾患を疑うケースもありますし、ご両親の年齢や親族間に染色体疾患や気になる遺伝性の疾患がある場合に、遺伝カウンセリングと新型出生前診断を行う方も多いようです。

染色体疾患で思い浮かべられるダウン症や18トリミソーなどが染色体疾患の中では多数を占めています。先ほどもお伝えしたように、先ずは超音波検査で赤ちゃんの様子を確認します。

後頸部の皮下に浮腫みがあるかどうか、その浮腫みの厚みを測定する検査方法や、お母さんの血液を採取し、タンパク濃度などを測定します。

そして染色体疾患の疑いがある場合や希望をした場合、お母さんの血液を採取し、血液の中のDNAの断片を分析します。このお母さんの血液からDNAを調べる検査方法が、新型出生前診断と言われているもので、妊娠10週~22週の間に受けることが可能です。方法としては、採血検査と変わりないため、お母さんにも赤ちゃんにも心身の負担が少ない方法といえます。

ちなみに、新型出生前診断で染色体疾患の可能性が高かった場合は、確定診断として羊水穿刺検査が行われます。

検査で分かること

新型出生前診断で分かる染色体疾患と割合は、ダウン症候群53%、18トリミソー症候群18%、13トリミソー症候群5%と言われています。

新型出生前診断の結果は、1~2週間、まれに3週間かかることがありますが、その間はなるべくゆったり過ごされることをおすすめします。新型出生前診断の判定率は高いと言われていますが100%ではありませんし、1%以下程度でも判定保留となることもあるようです。

この判定保留となる原因の多くは、お母さんの体の中を流れる血液の中の赤ちゃんのDNA濃度が低いことによるようです。赤ちゃんの週数が経つにつれDNAの濃度も増すので、再度お母さんが採血をして検査を受けるか羊水穿刺検査を受けるかを選ぶことになります。

NIPTコンソーシアムは、遺伝学的出生前診断に精通したプロ中のプロなので万が一、陽性という結果が出た場合もしっかりカウンセリングをしサポートをしてくれます

遺伝カウンセリングを知っていますか?

遺伝カウンセリングをご存知でしょうか。新型出生前診断を検討されている方は聞いたことのある言葉だと思います。遺伝カウンセリングを受けたことがない方は、まず遺伝カウンセリングを受けてから新型出生前診断を検討すると良いでしょう。

では遺伝カウンセリングがどのようなものなのかご紹介します。遺伝や染色体疾患について気になったとき、正しい知識を持ち合わせていることが必要になります。

カウンセリングと言うと、心を和ませるために会話をすることをイメージされる方がいらっしゃるかも知れませんが、遺伝カウンセリングは医療行為です。病気や怪我を治療する医療行為とは異なり、お母さんやお父さんが知識やアドバイスを基に自らで判断出来るようになるための支援という医療行為になります。

具体的には、赤ちゃんに疾患が発生する可能性や家族歴や病歴についての考え方や捉え方、遺伝についての検査や予防や現時点での研究についての説明、そういった遺伝や疾患について正しい情報と知識を得た上での選択決定、状況に適応できるためのカウンセリングなどです。

遺伝カウンセリングの価値はとても大きなものです。新型出生前診断をお考えの方は、検査と同様に遺伝カウンセリングについても検討してみてください。

通いやすい施設を選ぼう

今回ご紹介したNIPTコンソーシアムの新型出生前診断を実施する施設は日本全国にあります。病院や施設を選ぶ際は、お母さんの体に負担がないように通院時間や交通アクセスを考えて選んでください。

そして日によって体調も異なると思うので、予約をしたから何が何でも行かなくては!なんて無理はしないでくださいね。予約当日に体調が優れなければ電話で予約を変更すれば大丈夫です。

また、気になる検査費用ですが施設によって異なります。NIPTコンソーシアムによると、費用目安は下記の通りです。ぜひご参考になさってください。

【費用】
・超音波マーカー検査…1万円~2万円
・クアトロ検査…2万円~3万円
・新型出生前診断(母体血中胎児 染色体検査)…20万円前後
・繊毛検査…10万円~20万円
・羊水検査…10万円~20万円




サイト内検索
記事一覧