【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック5選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

おすすめポイント充実したサポート体制で精度の高い新型出生前診断を

※2019年1月より東京エバーグリーンクリニックからマックスファックスへNIPT検査事業を移管したようです。

比較ランキング第1位は、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)です。年齢制限などの条件のない新型出生前診断を受けられるのはもちろん、多くの患者さんがより検査を受けやすい環境を整えてくれています。

例えば、患者さん一人ひとりに対して完全個別対応で検査してくれます。クリニックによっては集団での検査説明やカウンセリングが実施されているケースが見られますが、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)ならできるだけ他の妊婦さんと顔を合わせないように配慮してくれるためプライバシーが守られます。東京駅から徒歩3分という好立地や、平日・土日を問わず採血してくれるのも利用しやすいポイントです。

清潔感の溢れる明るい院内は、検査の前の不安な気持ちを軽減しやすい雰囲気となっています。基本検査だけでなく全染色体検査も実施されていて、申し込みの際に希望すれば性別判定にも対応しています。検査費用は優良的な料金設定であり、支払いには現金だけでなくクレジットカードを利用することもできます。まとまった現金を用意しなくとも検査を受けられます。

もし検査結果が陽性であった場合には指定機関へ紹介状を作成し羊水検査の案内をしてくれます。指定機関で羊水検査を受ければ、費用を全額負担してくれるのも納得のサポート体制です。エバーグリーンクリニック(マックスファックス)で新型出生前診断を受ける際に用いられるのは年間45,000件の検査実績を持つ大手検査会社。海外に14もの検査拠点を持っているので不安を感じにくくなっています。

また、新型出生前診断だけでなく各種抗体検査にも対応しているのがエバーグリーンクリニック(マックスファックス)の特徴です。大切な家族を守るために様々な選択肢が用意されているクリニックです。

完全個別対応で年齢制限のない新型出生前診断を受けられる

年齢制限などの条件のない新型出生前診断が行われているのはもちろん、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)にはより検査を受けやすくなる様々なメリットが存在しています。

例えば、患者さん一人ひとりに対して完全個別対応で検査を実施してくれます。クリニックによっては集団での検査説明やカウンセリングが実施されることもありますが、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)ではそれぞれの患者さんにきちんと向き合って丁寧に対応してくれます。

検査内容の説明やドクターからの問診はもちろん、採血までを全て個室で対応してくれます。できるだけ他の妊婦さんと顔をあわせることなく診療を終えられるよう配慮してくれているため、プライバシーが十分に守られたクリニックです。

検査内容の説明やドクターからの問診は妊婦さんだけでなくご主人と一緒に受けられます。診療は完全予約制であるため、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)にて新型出生前診断を検討している人はあらかじめ電話で予約しておきましょう。

また、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)は立地にもメリットがあります。東京駅から徒歩3分という好立地であり公共交通機関で通院しやすいのはもちろん、近隣には公共駐車場が用意されているため自家用車での通院もラクラクです。子供を連れて検査に訪れることができ、平日でも土日でも採血を行なってくれるのが利用しやすい理由の1つです。

院内は清潔感が溢れる明るい雰囲気となっていて、電話予約から当日までスタッフは丁寧に対応してくれます。このように、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)には様々なメリットがあり、新型出生前診断をもっと気軽に受けやすい環境づくりを行なってくれているのです。

全染色体検査も可能!優良的な料金設定で利用しやすい

エバーグリーンクリニック(マックスファックス)で実施されている新型出生前診断は、日本国内で実施されている一般的な出生前診断よりも精度の高い検査です。母親にも赤ちゃんにも身体的負担とリスクの少ない検査方法であり、わずか10mlという少ない量の採血だけで検査を終えられます。亜流産や感染症のリスクがないので不安を軽減して検査に臨むことが可能です。

たった1度通院するだけで検査を終えることができ、検査結果は郵送で通知してもらえるためクリニックを訪れるのは採血の際の1回だけで済みます。結果は検査当日に指定した住所へ送ってもらえるため、自宅以外の住所を指定してもOKです。

検査から約12日で結果を受け取ることが可能です。基本検査だけでなく全染色体検査を受けることもでき、申し込み時に希望すれば性別を判定してもらえます。全染色体検査の場合の結果通知は約15日となっています。

そんな幅広い検査を受けられるエバーグリーンクリニック(マックスファックス)では、検査費用が優良的な設定になっていることも特徴です。基本検査の場合は必要な費用を全て含めて総額で180,000円(税抜)です。採血や検査にかかる費用は全て込みの料金なので、あとから高額な費用を請求されてしまう心配はありません。

カウンセリングを希望する場合は有料となり、小児科医が担当してくれます。全染色体検査は298,000円(税抜)という料金で検査を受けられます。支払い方法は現金だけでなくクレジットカードにも対応しているため、支払いはしやすいでしょう。

まとまった現金を用意しなくても新型出生前診断を受けられるので、「今すぐ検査を受けたい」という人でも利用しやすいです。クレジットカードはVISAやMasterCard、JCBをはじめ大手カード会社のものに対応しています。

羊水検査の費用を全額負担してくれるなどアフターフォローも充実

検査を終えてからのアフターフォローが充実していることもエバーグリーンクリニック(マックスファックス)の特徴です。検査の前でも後でもカウンセリングを希望する場合は予約制で対応してくれ、わからないことや不安なことを相談しやすい環境となっています。

もし検査の結果が陽性だった時には、指定する医療機関へ紹介状を作成して羊水検査を案内してくれます。指定先で羊水検査を受ければ、費用は全額エバーグリーンクリニック(マックスファックス)が負担してくれるため、患者さんの金銭的な負担も軽減されています。

通常、羊水検査を受けるだけでもある程度の金額は必要になりますが、費用を負担してくれればより検査を受けるハードルは低くなります。

年間45,000件の検査実績を持つ大手検査会社

エバーグリーンクリニック(マックスファックス)で新型出生前診断を受ける際には、IGENOMIX社という検査会社で検査が行われます。

IGENOMIX社は海外に14もの検査拠点を持っている生殖遺伝医学のパイオニア的存在です。年間には45,000件の検査実績がある大手検査会社であるため、検査に不安が残りにくくなっています。

大切な家族を守るために 抗体検査も併せて検討しよう

ただ新型出生前診断を受けられるだけでなく、エバーグリーンクリニック(マックスファックス)ではオプションで抗体検査を受けることも可能です。妊婦さんだけでなく家族みんなで赤ちゃんを迎える準備をするために、抗体検査は有効な手段となります。

妊婦さんが新型出生前診断を受ける日と同じタイミングで家族が抗体検査を受けることも可能で、新型出生前診断を受けなくても抗体検査だけを選んで受診することが可能です。
用意されているのは3つの抗体検査です。1つ目は「抗体検査2種類」で、B型肝炎とC型肝炎の検査を受けられます。2つ目は「抗体検査4種類」で、麻疹と風疹、おたふくと水疱について検査されます。3つ目は「抗体6種類」で、先ほどの項目の全てについて検査してもらえます。

大切な家族を守るために、抗体検査という選択肢が用意されているのもエバーグリーンクリニック(マックスファックス)の特徴なのです。